国内生産のものとは違い、臓物の味や苦みもしっかり感じられる少し独特な食味がやみつきになると話題のカナガンキャットフード。選び抜かれた原材料や成分で、愛猫の健康維持も可能なんだとか!?実際の評価が気になるところ、口コミには悪評もあるのでしょうか?ここでは、カナガンキャットフードの悪評について、口コミ評価を調べてみました。

カナガンキャットフードとは?

カナガンキャットフードは、全ての年齢の猫に食べさせることができるように考え作られた、チキン味の猫用ドライフードです。

原材料には、乾燥チキン(35.5%)、骨抜きチキン生肉(25%)、鶏脂(4.2%)など、イギリスで平飼いされている、良質なチキンが60%以上も使用されています。

猫にとって消化に負担がかかる穀物は一切使用されておらず、その代わりに消化率の高いさつまいもやじゃがいもなどを使っているので、高タンパクで低炭水化物のフードになっています。

また穀物は、猫にとってアレルギーを引き起こしやすい食品でもあり、血糖値が上がりやすいため、肥満や糖尿病などの病気の一因となる恐れもあります。

だからこそ、穀物不使用なのは嬉しいですね。

また、カナガンキャットフードには人工添加物も一切使用されておらず、野菜やハーブ、海藻などが配合されて、とってもヘルシーです。

直径10mm程の小判形のドライフードですので、穀物を使用している商品と比較すると少し硬めの食感ではありますが、健康な猫であれば問題無く噛み砕ける硬さです。

カナガンキャットフードは、少量ずつ生産した新鮮なフードを、原産地イギリスから日本に直輸入されています。

カナガンキャットフードのデメリットとは?

カナガンキャットフードのメイン食材はチキンですが、他の国内商品と比べると、チキングレイビーも使用されているところが大きく違う点です。

そのため、臓物の味や苦みもしっかり感じられる食味で少し独特なので、国内商品のチキン味を食べ慣れている愛猫にとっては少し抵抗を感じて食べないということが多いようです。

その時には、今まで与えていたフードにカナガンキャットフードを少量混ぜて与え、食いつきを見ながら混ぜる割合を変えていくようにしましょう。

また、カナガンキャットフードへの食い付きが悪くなるのは、臭いだけが原因ではないようです。

カナガンキャットフードは人工添加物を使用していないため、その分フードが早く酸化してしまうようです。

フードの袋の口をただ閉じただけの保存では、すぐに味も香りも変わってしまいます。

特に、湿度や気温の高い時期には変化も早くなるため、注意が必要になります。

フードの酸化を防ぐためには、開封後は密閉容器などに移し替え、真空状態で保存しましょう。

また、カナガンキャットフードには、食物繊維の他にも腸内環境を整えるオリゴ糖などが含まれているので、与える量が多すぎると、排便作用が強くなり、お腹の調子を整えるどころか下痢を引き起こす恐れがあります。

逆に、今まで穀類を多く含むフードを与えていた猫の場合、便の状態が今までよりも硬めに変化するようです。

その場合は、カナガンキャットフードと一緒に、ウェットフードや水を与えて便秘を防いであげましょう。

カナガンキャットフードの口コミ

ここでは、カナガンキャットフードに関する悪評や高評価などの口コミをご紹介しますので参考にしてください。

「うちの猫は好き嫌いが多いのですが、カナガンは好きなようです。」

「しばらく以前与えていたフードに混ぜたりして様子を見ましたが、カナガンキャットフードはニオイを嗅いで全く食べませんでした。」

「カナガンのキャットフードとウェットフードを毎日与えていたら、食いつきも良くお通じもよくなりましたが、数日前から下痢をするようになってしまいました。」

毛並みや毛艶がよくなりました。」

「カナガンに変えてすぐの頃は勢い良く食べていましたが、ある時から急に食いつきが悪くなりました。」

「カナガンキャットフードに替えてから便の調子が良くなりました。」

「給餌量が細かく記載されていないため、どれだけ与えていいのか分からず、1ヶ月後の体重測定では減ってしまっていました。」

「以前は食が細く痩せ気味な猫だったのですが、カナガンに替えてからよく食べるようになり、理想的な体重になりました。」

多くの口コミを見てみると、カナガンキャットフードの悪評は基本的に、愛猫が食べないことや、飼い主がオーガニックのフードと勘違いしたことで、愛猫が体調不良を起こしてしまったといった内容が多いようです。

広告やサイト評価だけで判断せず、原材料や成分などをしっかり見極めて、愛猫が口にするものは選んであげましょうね。